我が家の手抜き通り抜ける一家菜園とその陸揚げおしゃべり

自宅ではささやかではありますがガーデンのすみに起こるちっちゃな畑で住まい菜園罹るものをしています。
時機によって育て上げるものは変わりますが、現在ガーデンに植えているものはカボチャ、ブルーベリー、サクランボ、バジル、レモンバームといったスピードだ。
住まい菜園といっても自宅で行っているのは、TVや雑誌で見掛けるようなちゃんとしたものではありません。土地も肥料もバリエーションなど関係なくうちにいるものを適当に用い、害虫退治や除草も気が向いた時に行います。
唯一しっかりやるのが水やりだ。これだけは日毎やります。すまん虚偽だ。時折忘れます。だいたい!日毎やります。
そういうずぼら過ぎ去る性格が立ち向かうあいまい極まりない我が家の住まい菜園ですが、成果率は驚くほどよいです。ブルーベリー、サクランボは実が余るほどなりました。しかも軽く普通に美味しいだ。その他の方法も現下順調に発育まん中。
こんなにも適当なのにこういう成果はどうしてなのか?ヒヤリングにお想いでしょう。私も不思議です。
でも誠実、細かい事はどうしてでもいいのです。結果が洗い浚いだ。ミュゼ 予約