不具合年金の次世代と20ご時世後の老後の見てくれはどうして陥る?

邪魔年金は、邪魔奴にとって欠かせない仕組。
これが破たんしたら日本の厚生は終わりです。
爺さんの検査費1割受け持ちなんて、やめたほうが良い。
ジジババが接骨院で税金を無駄遣いやる。
病舎にもムダに行っている。ピンピンコロリやる。
マッサージを乗り越えるだけで170円ですもん、そりゃ行くわな。
接骨院なんて各駅に4つぐらいあって、どれも繁盛して掛かる。
マッサージだけで170円。そりゃデイリー出向くわな。更に高くするしかない。
私の老後は、20時期下。亭主は68年。自身は59年。
どんな生活になっているだろう。貯えは何とかあるだろう。
何冊正式を書いているだろう。どんな相手方と付き合って要るだろう。
亭主は68年になってもぴんぴんしてると想う。現役ボディーだから。
悩みは自身です。糖尿病魔などになっていなければ良いが。
20時期後を思うと、不安になる。増税が厳しくて、検査費受け持ちも高くて、
税金の集金も厳しくなるだろう。でもそれは、少子化だから仕方ないのだ。

我が家の手抜き通り抜ける一家菜園とその陸揚げおしゃべり

自宅ではささやかではありますがガーデンのすみに起こるちっちゃな畑で住まい菜園罹るものをしています。
時機によって育て上げるものは変わりますが、現在ガーデンに植えているものはカボチャ、ブルーベリー、サクランボ、バジル、レモンバームといったスピードだ。
住まい菜園といっても自宅で行っているのは、TVや雑誌で見掛けるようなちゃんとしたものではありません。土地も肥料もバリエーションなど関係なくうちにいるものを適当に用い、害虫退治や除草も気が向いた時に行います。
唯一しっかりやるのが水やりだ。これだけは日毎やります。すまん虚偽だ。時折忘れます。だいたい!日毎やります。
そういうずぼら過ぎ去る性格が立ち向かうあいまい極まりない我が家の住まい菜園ですが、成果率は驚くほどよいです。ブルーベリー、サクランボは実が余るほどなりました。しかも軽く普通に美味しいだ。その他の方法も現下順調に発育まん中。
こんなにも適当なのにこういう成果はどうしてなのか?ヒヤリングにお想いでしょう。私も不思議です。
でも誠実、細かい事はどうしてでもいいのです。結果が洗い浚いだ。ミュゼ 予約