気軽に外国ピクニック気分を味わえるおところ 〜コストコ〜

時には、おオーダーに出向くコストコ。家屋から少々ギャップがあり、時折出向くくらいですが、あのクラスは、何より日本の企業ではかもし出せない品なので、形勢を行うためにユーザーになっています。

本人類にマストな品は、ミニチョコクロワッサン、CheeseHeadsString(さけるチーズ)、春雨かフォーのスープ。あとは、なにか果実。これは、絶えずことごとく購入する品。
おオーダーの先、一気に家に帰るのであれば、ティラミスや冷蔵品も購入します。
セタフィルというトータルクリームも愛用していらっしゃる。でも、グループがでかいから、何となく無くならないんですよね。2個ツアーなので、同士と分けていらっしゃる。

そして、お楽しみは、食品着衣ですよね。ホットドックと水物で180円でしたっけ? チュロスとかピザ、プルコギベイク。クラムチャウダーは冬季は最高ですね。ソフトクリームも非常に濃厚ですし、サンデーは時たまトッピングが繋がるので、生まれ変わるたびに試しちゃってます。

あの食品着衣、第三国旅行の心境が味わえちゃうんですよね。自分にとっては、随分お有利ムードありだと思っています。

オゾンや正中圏などについて教育をしていた

オゾンなどについて受講しました。オゾンは酸素分子にUVが作用して生成するのでUVの硬い低緯度領域で多数生成しますが、記録陥るオゾン濃度は低緯度領域よりも高緯度領域で高くなっています。低緯度領域上空で生成したオゾンがエアのスポーツによって運送されているためです。今日、フロン(塩素・フッ素・炭素からのぼる配合オーガニック合成物品)がオゾン範疇を破壊して掛かることが知り、計画が求められています。高度約50kmより上空では、気温は高さとともに低下し、高度80〜90kmにかけて極小になります。この部分をまん中圏とよびます。まん中圏をこえると気温は高さとともに上昇し、高度おそらく500〜700km近所までを熱量圏とよびます。熱量圏の上記は外気圏とよばれます。熱量圏の高度100〜300kmでは、日からのX線やUVによって原子・分子が電離してイオンと電子になっています。この部分を電離層といいます。電離層は電波をそれほど反照し、交信に重要です。極めて勉強になりました。