子供にお金の価値観を伝える練習をしています

6歳になる息子にお金の価値観を学ばせている途中です。子供なのですぐに「欲しい」とか「買って欲しい」と口にしますが、パパやママが頑張って働いたお金で買うのだから大切にしないといけないとか、欲しかったら自分でお手伝いをしてお小遣いを貯めて買いなさいと伝えるようにしています。日常からなるべくお手伝いをさせるようにしていますが、お小遣いを貯めたい息子は、「お手伝いしたらお小遣いをくれる?」と聞いてきます。お金のためだけにお手伝いをするという価値観はつけたくないので、お手伝いの中で洗濯物をたたむことと掃除機をかけることはお小遣いの対象にすることにしました。洗濯物は1枚1円、掃除機はすべての部屋にかけて50円です。息子は真面目な性格なので洗濯物も掃除機がけも丁寧にします。仕事が雑だったり、量が少ない時はお小遣いを減らしたり、逆に良く頑張った時は増やしたりします。お金を得ることの大変さや大切さと、無償で人のために動くことの大切さの両方を学ばせていきたいです。脱毛ラボ 梅田